コンピュータと、道具の手入れと。

大学を出てすぐの頃、仲間といっしょに、農業のマネごとをしていたことがあります。
ふだんはコピーライターとして働き、日曜日になると畑にでかけて、日がな一日草刈り(というよりも雑草と格闘)し、夕方、使ったカマを研ぐのです。最初のころはそれが面倒で、なまくらなカマを使って、刃こぼれを起こしたものでした———刃こぼれを起こすようだと、けっきょく作業効率が悪いだけ…と気づくまで、かなりの時間が必要でした。
話かわって、PC。こやつがトラブルをおこすと、
「まるでPCの奴隷になったようだ」という人がいますが、私はいつも、あのころのことを思いだすのです。どんなに技術が進んでも、PCは、自分の手や足、脳みその延長にある道具なのだから、手入れするのは当然では?って。

いまの仕事場のメインマシン、じつは、ノートPCです。
とはいっても、送られてくるPowerPointやpdfの資料を読みながら、取材で撮影した写真を眺めながらの書きモノが多いので、外部モニター2台をつないで使っています。
お仕事迅速! 締め切り厳守!がモットー(笑)のうちの事務所で、マシントラブルは命取りですから、メインマシンのほか、予備機を一台スタンバイさせているのですが…。

昨秋、そのメインマシンで異常終了が発生しました。予備機で仕事を進めながら調べたら、どうやらSSHD(HDDとSSDのハイブリッド)のトラブル。不良セクタを回避することで復旧はしたのですが、どうも挙動があやしい。しかたないので、新たにマシンを買い、トコロテン式に予備機に繰りさげたところで、すぐに異常が再発しました。
「これじゃ、予備機にもならないよ」ってことで修理を考えました。原因はどう考えてもSSHDですから交換が常道ですが、正規修理の見積もりをたのむと4万円強! 大枚払ってマシンを入れ替えたあと、さらにこの出費はいたいです。そこで自力換装を考えサポートに問いあわせたら、
「HDDの仕様など、開示できる技術情報はございません」とのお返事。まぁ、考えてみたら当たりまえですわね(苦笑)。

そこで、もう一度不良セクターを回避して仮復旧させ、PCに詳しい友人から教えてもらった「CrystalDiskInfo」というソフトをインストール。HDDの状態をチェックできるソフトなのですが、なんと、HDDの品番まで教えてくれる優れものなのです。かくして品番をたしかめ、ネットで後継モデルをさがし、年末にアマゾンで、いわゆるバルク品を8,000円弱で購入。
年があけた1月3日には商品が届き(宅配便に感謝!)
「さて、外科手術だ」の気負っていどんだのですが、DynaBookのSSHD換装はものすごく簡単でした。
・バッテリーを切り離す。
・裏のねじ4本を外す。
・裏蓋を取る。
・すぐにHDD(SSHD)が見えるので、ソケットから静かに外す。
・新しいHDD(SSHD)をソケットに挿す。
・裏蓋をとじる。
・裏のねじ4本を止める。
・バッテリーを取り付ける。
写真撮影も含めて5分もあれば作業完了でした。
あとは、リカバリーメディアを使って初期状態を再現するだけ(これは、さすがに数時間がかかる作業でした)。

ちなみに。
SSHDを換装し、クリーンインストールで余分なゴミファイルも一掃された新たな予備機は、おどろくほど軽快に起動し、機嫌よく働いてくれています。使っている私も、機嫌がよくなってきます。

アルミホイールのカタログの、コピーライティングを担当しました。

寒さもこれからが本番!ですが、みなさま、お元気でお過ごしでしょうか?

さて。
当社は、いわゆるB2B(企業取引)企画やツール制作が大半なのですが、ご縁があって、久しぶりでB2C(コンシューマー向け)商品のカタログ製作をお手伝い。具体的には、コピーライティングを担当しました。
冬の路面にまかれる融雪剤は、金属の大敵。だから、雪道にこそ、サビに強いアルミホイールが適しています!という編集コンセプトです。昨年晩秋あたりから、カー用品店などに並んでいると思います。よろしければ、ぜひ、お手にとってご覧くださいませ。

飛行ロボットコンテストの反省会@東京大学

infornautが広報をお手伝いしている、飛行ロボットコンテストの反省会に本郷へ。
スカイプで名古屋や秋田など4カ所をつなぎ、5時半に会議がスタート。
約2時間半の長丁場でしたが、率直な問題点指摘、
それに対して建設的な提案が出る、とても楽しい会議でした。

私は、会議の30分ばかり前に着いたので、正門から入って、写真をぱちり!
(といってもスマートフォンが、これだけキレイに撮れるんですよね!)。
今年の紅葉は格別にすばらしいです。

新宿駅西口サイネージに、学生作品が採用されました。

6月20日のブログに書いた、学生たちによる「向島百花園の集客向上策」の提案(infornaut代表が、非常勤で講師をしております)。

向島百花園で学生たちと、「学ぶ」ということを学ぶ。

その中から、学生作品2点が、バスタ新宿と新宿駅西口のデジタルサイネージに採用されました。

実は、全部で6チームの提案があり、講師評価と選ばれた作品は、必ずしもイコールではないのです(苦笑)。が、東京都公園協会さまの「ニーズを満たす」という意味では、この2つの作品は、たしかに見事な「解」だったのは事実。学生たちの、マーケティング力の確かさの証明でもあるのです。

一つ目の作品は、正直なところデザインは稚拙ですが、園の「番傘貸し出し」に着目し、日本庭園とスカイツリーのコントラストで、言語を軽々越えたビジュアルインパクト=インバウンド観光を刺激する提案を行ったところが、上手い! 

二つ目の作品は、園に咲く花をクローズアップで紹介するという、玄人っぽいデザインアプローチ。これは、プロ作品として十分通用するレベルですね。

学生たちにとっては、自分たちの力を世の中に見ていただく、またとないチャンスだったのですが、実は…。世の中に学生たちが育てていただいているのですよね。
日々、お忙しい仕事のなか、こういう貴重な機会をつくっていただいて、本当に感謝の念に堪えません。ありがごうとざいました。

「第13回全日本室内飛行ロボットコンテスト」無事終了しました!

infornautが広報面をお手伝いしている、「全日本学生室内飛行ロボットコンテスト」。
今年も、無事に閉会しました。
私も、設営日から会場入りして、記録写真の撮影をお手伝い——そもそもが手作りイベントですから、できることで参画する!って感じなのです。
今回は、滑走路そばで、全ての参加チームの皆さんとお話しができ、飛行機もじっくり見ることができたのですが、驚くような飛行の仕組み、制御ロジックの機体が、また、極めて精緻に飛行するので、本当にびっくりでした。
「今どきの若者は」なんて思っている人は、見に来るべきですヨ。
「今どきの若者は、すごい!」ですから。