株式会社オーク製作所さま 五〇年史

この初夏、一年以上かかわってきた、社史編纂のお仕事が完成しました。

オーク製作所様 五〇年史!

戦後すぐにはじめた水銀灯開発を出発点に、露光技術の分野に進出。
ブラウン管(パターン露光)、印刷製版、電子基板へ技術を発展させ、
さらには液晶、半導体製造装置の製造へと、
技術と急速に磨いてこられた、技術開発型企業さまの歴史です。

社史制作では、元請けとなる出版社様が編集・ディレクションを行い、
私は整理された資料をもとにインタビューを組み立てて実施し、
さらに文章として仕上げていく、というお仕事になるのですが…。
そのインタビューが、どれも、エキサイティング!

新たな製品開発にしのぎを削る…というお話はもちろんなのですが、
たとえばその過程で存技術の新たな可能性に気づいたり、
製品改良を進める中でまったく新たな展開にとつながったり…。
インタビューの愉しいこと、面白いこと!

完成後、社長の主催のパーティにお招きいただいて、
社長さま、社史編纂委員の方々から過分なお言葉まで頂戴したのですが、
むしろ私の方が、「おかげさまで、愉しいお仕事をいただきました」という
感謝の気持ちでいっぱいです。

長文の社史はもちろんですが、
インタビューを的確に、要点をまとめるといったお仕事も
弊社の得意とするところです。
社史編纂をご検討中の企業様がおられましたら、
弊社だけのノウハウではなく、社史編集に長じた出版社さまと一緒に担当させていただきますので、
お気軽にご相談ください。